読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【車ナビゲーション】~車を買う!車を売る!車のトラブル解決!~

自動車に関して「知ってて得する」情報満載の 【車ナビゲーション】! 車を買う&売る&トラブル&車に関する悩みがコレで解決!!

【車ナビゲーション:車の売り方:愛車を高く売る!】「下取り」と「買取」どちらが得??!!

車の売り方編

車の買い替え時、あるいは車が必要でなくなった時など、中古車として売ることが多いかと思います。

その際、「下取り」と「買取」の2通りを考えることになります。

いずれの場合でも車を売ることに変わりはありませんが、仕組みが大きく異なります。

中古車の「下取り」と「買取」、それぞれの違いをご紹介いたします。

f:id:masaki1972surf:20170205234936j:plain

中古車下取りのメリット・デメリット

下取りは、新車や中古車を新たに買う際に、その車を購入するお店に自分の中古車を引き取ってもらうことです。

メリットとしては、中古車を引き渡すタイミングを、購入する新車の納入に合わせてくれることや、一連の流れを全てディーラーにお任せできることが挙げられます。

デメリットとしては、単純な売却金額だけ見た場合に、後述の買取よりも安いといったことが挙げられます。

中古車買取のメリット・デメリット

買取は、新車や中古車の新規購入と関係なく、車を売却することです。

メリットとしては、金額が下取りに比べ高いということが一番に挙げられます。

特に、そのお店の得意な車種や、人気車種、人気な装備を持っている車は高く売れる傾向があります。

また、いくつかのお店を回って買取価格の比較を行うこともできます。

デメリットとしては、手間がかかるということが挙げられます。

下取りでは査定や売却の対応など、ディーラーがやってくれるところを自分でやらなければなりません。

また、買取の場合には車を手放すタイミングが限定されています。

下取りでは新車の納入まで待ってくれるところを、買取ではすぐに引き渡さなければならない点に注意が必要です。

いかがでしたでしょうか??!!

下取りと買取には価格や手間などに大きな違いがあります。

「売却金額が安くなっても手間がかかるのは嫌」なら下取り、「手間がかかってもできるだけ高く売りたい」なら買取、 あるいは、「売却後に新車を買う」のであれば下取り、 「もう車は乗らない」なら買取など、金額やその後のプランを考えて選択すればよいでしょう。

【車ナビゲーション:車の売り方:愛車を高く売る!】中古車を下取りした場合に自動車税の還付金は出る?!

車の売り方編

車を買い替える場合、今持っている車を「下取り」に出すこともあると思います。

その場合、払ってしまった税金は還付金として戻ってこないだろうかと考えるかもしれません。

ここでは、この『還付金』についてです。 

f:id:masaki1972surf:20170215151119j:plain

自動車を購入した際にかかる税金等の種類

自動車を購入した際にかかる税金や必要な費用は以下の通りです。

自動車税軽自動車税含む)

毎年4月1日~翌年3月31日に課税される

自動車取得税

車を取得した時に課税(購入した時だけ)される

自動車重量税

購入時と継続車検時に課税される

自賠責保険

購入時と継続車検時に課税される

・リサイクル料金

購入時に払う 新車、中古車を問わず車を買う時にこんなに税金を払っていたのだと改めて驚きますが、 この税金は医療費の確定申告などと同じように、 税金の還付はされないだろうかと考えてしまいます。

この中でも自動車税は車の売却時に還付が受けられるのか、詳しく見ていきましょう。

下取りに出した場合の自動車税の還付

車を下取りに出した際に、「自動車税の還付はある」と言えます。

しかしながら、「自動車税の還付金は査定額に含まれている」のが一般的です。

税金については「査定の際に説明する」ことが基本的に決まっていますので、万一説明がない場合でも確認が必要です。

自動車税は月割で計算され還付対象となります。

対して、軽自動車の自動車税は還付がないと思ってください。

これは軽自動車の月割計算のシステムがないからです。

その他の税金の還付

下取り金額にはさまざまな還付金は含みだとお知らせしましたが、自分で還付する方法はあります。

それは「査定ゼロ」と販売店に言われた場合、下取りに出さず「自分で廃車」することです。

この場合、自動車税は月割で還付されます。

ただし、3月に廃車したら月割もゼロですから還付されません。

また、自動車重量税やリサイクル料金も廃車にした内容によって異なります。

例えば、車検の有効期間が残っているなど、 条件によって還付の内容が変わりますので地域の陸運局に相談してください。

税金イコール還付と考えるのはひとつの生活術と言えるでしょう。

損をしないように、還付金に関する情報をたくさん仕入れて、賢く新しい愛車を手にしてください。

下取り額は還付金もすべて含まれた価格ですので、ぜひ覚えておいてください。

【車ナビゲーション:車の売り方:愛車を高く売る!】中古車の色替え!!買取・下取りの査定に違いは??!!

車の売り方編

車の車体の上から全ての部分に塗装を施したものを色替え車といいます。

元の車体と同じ色を上塗りする場合や、全く異なる色に色変えをする場合もあります。

中古車を探しているときに、色替え車と記載された車を、 カタログで見た方もいると思います。

ではこの色替え車を売ろうとした時、査定に何か影響はあるのでしょうか?

 中古車の色替え車と、色替え車の査定についてみていきましょう。

f:id:masaki1972surf:20170201225403j:plain

中古車の色替え車(色変え車)とはどんな車??!!

色替え車は全塗装やオールペイントと呼ばれるように、 車体全ての部分に塗装を行ったものです。

ボディの色が以前と同じ色を上塗りしていても色替え車と呼ばれます。

色替えを行う理由は様々です。

個人が、お気に入りの色の車が手に入りにくいので色変えをお願いする場合や、 大切に長く乗った車の車体の傷や色あせが気になるので、 色変えをして新車の輝きを取り戻したい場合などがあります。

また、中古車のディーラーの方で車体を綺麗にするために色替えを行う場合や、 人気色が手に入りにくい場合に、 人気色に色変えした車を値引きして提供する場合などがあります。

新車で各メーカーが色替え車を販売していることはまずないので、 色替え車の販売は中古車販売業者が行っています。

色替え車は査定価格に違いはあるの??!!

中古車買取業者は色替え車を特殊な事情がある車とみなし、 インターネットなどの一括査定見積もりに対応していないことが多いようです。

車種や色変え後のボディの色によっても評価が異なりますし、色替えの理由や塗装の状態も査定に影響します。

塗装の状態や色によっては査定価格が下がる場合もあります。

標準の車種と色替え車を比較すると査定価格に違いは出る傾向にありますが、個別の車の状態によって査定価格の評価が異なるため、どのように違いがでるかを一概に述べることはできません。

色替えを行いたいけれどもできるだけ査定価格を下げたくない場合は、腕の良い塗装屋の方に上質な塗装を行ってもらい、人気色に色替えするのがポイントです。

色替え車の中古車査定の違いを最小限にするには、複数の塗装業者の方に、塗装だけでなく、色替えした後の中古車査定価格のことも相談して情報を集め、納得のいく業者で色替えを行うとよいでしょう。

【車ナビゲーション:車の売り方:愛車を高く売る!】車の下取りや買取に傷やへこみは影響する?!

車の売り方編

新しく車を購入したいとき、車を下取りに出して新車の購入費にあてることが多いかと思います。

下取りに出す場合に気になるのは車の査定額です。

車の下取りに傷やへこみは影響するのか、傷やへこみがある場合は下取り前にどうしたらよいのかをみていきましょう。

f:id:masaki1972surf:20170215141035j:plain

車の下取りに傷やへこみは影響するのか??!!

車の下取りを行う場合、買い取り業者さんが車の型式や状態を見て査定評価を行います。

買い取り業者ごとに車の年式や型式による標準査定価格があります。

それに下取り予定の車を点数化して評価し、 標準査定価格と合わせて最終的な査定額を算出していきます。

厳密な評価のやり方は各業者さんによって異なりますが、 日本自動車査定協会が定めている基準やチェック項目があるので、 それに従って下取り予定の車を評価していきます。

このチェック項目の中に「へこみ・ゆがみ・傷のチェック」という項目があります。

「へこみ・ゆがみ・傷」があれば減点対象となります。

車の下取り時に傷やへこみがある場合、下取り査定価格に影響はしますが、 どの程度の傷をどのように評価し減点するかは、 車の状態や各買い取り業者によって違いがありますので、確認した方が良いでしょう。

車の下取り前に傷やへこみを直した方がよいか??!!

車の下取りに傷やへこみが影響するなら、 自分で修理して下取り価格を高くしたいと思うのではないでしょうか。

しかし、傷やへこみの程度にもよりますが、多くの場合自分で修理しない方が良いでしょう。

なぜなら、傷やへこみの修理を個人で業者に依頼する場合、修理代金がかなりかかります。

買い取り業者側が傷やへこみの修理を行う場合、 個人で行うより修理費用が安価にすむことが多いです。

修理代金のことを考えると、傷やへこみがついたまま下取りに出した方が、 結局お得だったということもあり得るのです。

また、査定時のチェック項目に「板金修理跡」や「修復歴」があるので、 修理したからといって減点が0点にはなりません。

車を下取りに出す前に傷やへこみを直そうか迷う場合は、下取りに出す業者さんに、 「この傷がなければいくらの下取り価格になるのか」を直接聞くことをおすすめします。

聞いた価格と修理費用を比較し、お得になる方を選ぶと良いでしょう。

【車ナビゲーション:車の売り方:愛車を高く売る!】下取りの流れや必要書類

車の売り方編

車を買い替えたいとき、今まで乗っていた車を下取りに出すかと思いますが、下取りはどのような流れで行われるのでしょうか。

またその際に必要な書類はどういったものなのでしょうか。

あらかじめ知っておいて、スムーズに進めましょう。

f:id:masaki1972surf:20170208185925j:plain

中古車下取りの流れ

「下取り」は単なる買取と異なり、新規に購入する販売店に現在の愛車を売却することです。

従って、まず欲しい車を検討します。

欲しい車が決まったら、その車を扱っている販売店に、現在の愛車の見積もりをお願いします。

この際、複数の販売店で見積もり額を比較するとよいでしょう。

販売店を決めたら、次に必要書類を用意し、下取りと新しい車の購入契約をして完了です。

なお、下取りの場合、新しい車が納入されるまで、現在の車を手放すのを待ってくれる場合が多いです。

下取りに必要な書類

下取りに必要な書類を箇条書きしますと、以下の通りになります。

自動車検査証

いわゆる車検証のことで、普通はいつも車の中に置いておくものですので、特別新たに用意するものではありません。

もしも無くしてしまっていた場合、運輸支局ですぐに再発行してもらいましょう。

自賠責保険証明書

自動車を使用するにあたり加入が義務となっている強制保険の証明書です。

ほとんどの場合、車検証と一緒になっているので確認してみましょう。

自動車税納税証明書

毎年納める自動車税の証明書です。

これは車検時にも必要なものですので大切に保管しておきます。

下取りの際には、納税をきちんとしている証明として引き渡す必要があります。

委任状

車を手放すときには名義変更をする必要があります。

この手続きを販売店の人に任せたいとき(つまり手間を省きたいとき)に用意します。

販売店の人に言えば用意してくれます。

譲渡証明書

車を譲渡することを証明するものであり、委任状と同様、お店でもらえます。

住民票

自動車検査証に記載のある住所から引っ越している場合に必要です。

特に2回以上引っ越しをしている場合、住民票の除票も必要です。

その他、委任状と譲渡証明書に実印が必要になります。

また、その印鑑が実印かどうか証明するために印鑑証明書も必要です。

以上が必要な書類になります。

書類の数は多いですが、新たに用意するのは委任状と譲渡証明書くらいです。

下取りをご検討中の方はご参考ください。

【車ナビゲーション:車の売り方:愛車を高く売る!】買取・下取りの手続き内容

車の売り方編

中古車売却の際に抑えておきたいポイントはさまざまです。

もし家計簿を付けている方なら大きな収入になるので、喜びで手が震えるくらいうれしい出来事かもしれませんね。

巨額のお金が関係することですので、少しでも多くの収入を得たいと思うとともに、慎重に決定を下さなければならないという思いを持つことと思います。

ここではそんな中古車売却における手続き、必要書類などについて解説していきたいと思います。

f:id:masaki1972surf:20170215143615j:plain

中古車売却の手続きの流れ

中古車を買い取っているお店は数多ですが、たいてい以下のような流れを設けているお店が多いようです。

まずはインターネット上の申し込みフォーム、またフリーダイアルなどでお店を選びます。

査定士のいるお店に出向いていく必要がある場合もありますが、一部のお店では出張して、査定を行なってくれるところもありますので、それも調べましょう。

一般的に査定自体は20分もあれば終わります。

それに基づいて査定額を提示されますので、あなたの満足のいく査定額かどうか、よく吟味してどうするかを決めましょう。

お店で提示される査定額に納得いけば、その場で買取ってもらえます。

少しでも満足のいく査定額で売却をしたい場合は、査定額に対して、早い決断をもって成約をしてしまうのも重要です。

もちろん、「いきなり査定額に納得できるかどうかなんて分からない」、と思われるかもしれません。

しかし、ここで覚えておきたいのは、中古車の査定額基準は激しく変動するものであり、基本的に下降するものなので、できる限り早い決断をした方がよいということです。

売却するにあたってはさまざまな書類が必要になりますが、どんな書類が必要なのかについては、以下の情報を参考にしていただくといいかと思います。

中古車売却の必要書類

あなたが用意することを求められる書類は以下の7つです。

1.自動車検査証 

2.自賠責保険証明書 

3.自動車納税証明書 

4.振込口座 

5.リサイクル券

特に、以下の書類については、普通自動車と軽自動車で違いがありますので、十分注意しましょう。

6.普通自動車の場合は「実印」、軽自動車の場合は「認印を含む印鑑」

さらに以下の書類は普通自動車を売却するときにのみ必要なものです。

7.印鑑登録証明書

以上の書類のご用意、そして売却までの流れを事前に知っておき、賢く中古車売却を行なえるよう備えましょう。

【車ナビゲーション:車の売り方:愛車を高く売る!】車の下取りに走行距離は影響する?!

車の売り方編

車を下取りに出すとき、走行距離が多いと高く売れないと聞いたことはありませんか?

では、本当に車の下取りに走行距離は影響するのでしょうか?

走行距離のある車をお得に下取りに出す方法について見ていきましょう。

f:id:masaki1972surf:20170201200146j:plain

車の下取りに走行距離は影響するか??!!

車の下取り価格は、各買い取り業者で定めた「標準価格」を参考に決められます。

下取り予定の車の状態を査定評価して点数化し、 「標準価格」にこの点数を加えて最終的な下取り価格を決めていきます。

この査定評価では「車の状態」「車の年式・グレード」「走行距離」をみていきます。

「走行距離」は、車の消耗具合を測る一番の目安になるので、 下取り時に重要視されることが多いです。

一般的には年式と走行距離を査定評価の対象としています。

走行距離の基準は1年で1万キロです。

例えば、3年乗った車が5万キロ走行していれば基準と比べて多めに走っているので減点し、 3年乗った車が2万キロ走行していれば基準と比べて少ないので加点します。

1年の走行距離が1万キロという目安は、5年目から年々千キロずつ減少していきます。

5年目で9千キロ、6年目で8千キロとなり、9年目以降は5千キロになります。

年式の古い車はあまり走行しないだろうという考え方からこのように定められています。

年式と走行距離で評価し、基準より多ければマイナス、少なければプラスの評価を受けます。

では、年式の割に走行距離が極端に少ない車は、 極端に高いプラス評価を受けるかというと、そうではありません。

車のような精密機器は適度に動かしている方がエンジンなどの状態がよいと考えられるので、 あまりにも走行距離が少ない車の加点率は低めになっています。 このように車の下取り評価に走行距離は影響を与えます。

どれくらいの走行距離の車を下取りに出すとお得??!!

累計走行距離が5万キロ以上の車を「多走行車」10万キロ以上の車を「過走行車」と呼びます。

このような名称がついているため、慣習的に走行距離が5万キロになると、 下取り査定額が下がることが多いようです。

車の状態にもよりますが、お得に下取りに出したい場合、 5万キロ未満で下取りに出すと評価が高いことが多いようです。

車の買い替えを迷っていて、今の車の走行距離が5万キロ未満ならば、 一度下取りの相談をして、下取り価格を見積もってもらうとよいでしょう。