読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【車ナビゲーション】~車を買う!車を売る!車のトラブル解決!~

自動車に関して「知ってて得する」情報満載の 【車ナビゲーション】! 車を買う&売る&トラブル&車に関する悩みがコレで解決!!

【車ナビゲーション:車の買い方編㉕】新古車(未使用車)とは?メリット・デメリット。

中古車市場でよく聞く「新古車」。

販売表示などでは「未使用車」と表現されているものが多いこのジャンルは、新車よりも人気が高いジャンルとして話題となっています。

新古車とは一体どのような車なのでしょうか?

f:id:masaki1972surf:20170201164404j:plain

新古車とは?!

新古車とは、ナンバー登録をしただけで手放された、未使用の車のことで、現在では「未使用車」と表記することになっています。

走行距離も短く、誰も乗っていないため、新品同様で非常にきれいな車です。

ナンバー登録しただけで手放したのは、個人的な理由がある人もいますが、だいたいが自動車メーカーと販売店の事情により、新車が次々と新古車として中古車市場に流れているのが現状です。

生まれた事情はさておき、新古車は「新車同様の車が新車より安いから」、という理由から、中古車市場でも人気があります。

特に名義変更の簡単な軽自動車は、新古車として市場に出回りやすいのが特徴です。

新古車を選ぶメリット

ここで、新古車を選ぶメリットをご紹介しましょう。

①新車同様でキレイなのに、中古車価格で購入できる。

②車検が長く残っている事が多く、自動車重量税が免除。

③4/1以降に購入した場合は、購入した年度の自動車税が免除。

④扱いは中古車なので、納期が早い。

新古車を選ぶ際の最大のメリットは「各種自動車税が免除」になる点です。

安く買える上に余計な費用もかからないとあれば、新古車が市場で人気なのも納得です。

新古車を選ぶデメリット

いいこと尽くしの新古車、気になるデメリットは下記の通りとなります。

①在庫車の中からでないと選べない。

②グレードやオプションがついていない。

③人気車種はあっという間に売り切れる。

新古車は魅力的な車ですが、通常の中古車と同じように、展示されている車になります。

購入する際はきちんと点検しているのか、傷などはないか、本当に未使用かなどを、しっかり確認するよう心がけましょう。