読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【車ナビゲーション】~車を買う!車を売る!車のトラブル解決!~

自動車に関して「知ってて得する」情報満載の 【車ナビゲーション】! 車を買う&売る&トラブル&車に関する悩みがコレで解決!!

【車ナビゲーション:車の買い方編㉞】中古車はクーリングオフできるのか?!

自分で気に入って購入した中古車だけど、乗っていて何かが違う。

単に乗り心地が悪かったとか、イメージと違う、といった好みの問題から、購入してすぐに壊れてしまった、聞いてなかった故障箇所があるなど、整備不良や初期不良などで返却したいと思うこともあるでしょう。

こういった場合、通信販売や訪問販売ではクーリングオフという制度があり、購入契約の解除ができますが、中古車の場合でもクーリングオフはできるのでしょうか?

また、購入契約後にキャンセルをしたくなった場合はどうなるでしょうか?

気になる部分を見ていきましょう。

f:id:masaki1972surf:20170201200146j:plain

中古車はクーリングオフできない

最初に申し上げてしまいますが、中古車に限らず、自動車は基本的にクーリングオフできません。

クーリングオフとは、商品の申し込みや契約から8日以内であれば、理由を問わずに、無条件で申し込みの撤回ができるもので、消費者保護を目的とした、特定商取引法で定められているものです。

クーリングオフが適応されるのは、化粧品や栄養食品、英会話の教材など、訪問販売や通信販売やキャッチセールスで、商品を吟味できないままに契約を結ばされたものに限ります。

車を購入するという事は「よく吟味して購入した」とみなされ、たとえ、インターネットオークションで落札したものでも、購入時にローンを組んだものでも、クーリングオフは適用されません。

購入契約後にキャンセルは可能か?

クーリングオフが不可能ならば、キャンセルまたは返品は可能でしょうか?

中古車販売業者にもよりますが、購入契約後のキャンセルには、キャンセル料がかかります。

返品に関しては「事故車ということを偽っていた場合のみ」適用となります。

つまり、クーリングオフと同様、気軽な契約キャンセルや返品は難しいと考えたほうがよいでしょう。

キャンセル料がかかることや、返品できない事について、意外と知られておらず、簡単にキャンセルや返品ができると思っている方も少なくありません。

しかし販売店としても、契約後から車の整備や諸手続きなどを開始する為、その為の準備に対して費用がかかるのも現実です。

キャンセル料に関しては、購入代金の20%を頂くというところから、30%以上の高額な料金を請求するところなど、業者によりまちまちなのが現状です。

しかし、キャンセル料については、「合理的な額」であることが必要なので、提示されたキャンセル料金が、どのような内訳になっているのか、きちんと確認をすることが大事です。

「聞いてなかった」で困らないように、販売業者と契約を結ぶ際に、キャンセル料や返品についてよく問い合わせておく必要があります。

万が一、キャンセルをせざるを得ない場合になってしまった際には、すぐさま販売店へ連絡をして、相談をするようにしましょう。

中古車の購入契約後にクーリングオフやキャンセルをしなくていいように

中古車は、日常生活でよく購入する商品と違い高価な買い物です。

当然のことながら、契約を結ぶ際は慎重さが求められます。

気軽に契約解除ができないものですので、購入する中古車はしっかり吟味し、納得した上で契約を結びましょう。

また、購入した車がどうしても気に入らなかったり、不都合があった場合のキャンセルによって余計な違約金を支払う事を防ぐためにも、

また、発生したキャンセル料について販売店とトラブルにならないためにも、注文書や契約書を作成する際は、慎重に事を進めるようにしましょう。