読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【車ナビゲーション】~車を買う!車を売る!車のトラブル解決!~

自動車に関して「知ってて得する」情報満載の 【車ナビゲーション】! 車を買う&売る&トラブル&車に関する悩みがコレで解決!!

【車ナビゲーション:車の買い方㊺】住民票や車庫証明は?軽自動車(中古車)購入の際の必要書類

軽自動車を購入される場合、多くの方は近隣の中古車販売店などを利用するのではないでしょうか。 気に入った軽自動車(中古車)が見つかった場合、一刻も早くそのハンドルを握りたいものです。

登録をスムーズにするためにも、前もって準備した方が良いものを説明します。

f:id:masaki1972surf:20170222002949j:plain

中古の軽自動車を購入する際に必要な書類

中古の軽自動車を購入する際に準備すべき必要書類として、以下のものがあります。

 

・住民票:交付3か月以内のもの

・印鑑認印も可ですが、自治体によって規定がありますので事前に確認してください。

・自動車検査証:任意保険(自動車保険)に加入する際に必要な項目がありますので、 販売店からコピーをもらってください。

自賠責保険

・委任状:名義変更(ナンバー変更を含む)を自身でやらない場合は販売店に委任しましょう。

軽自動車に車庫証明は必要か

軽自動車の場合、使用する地域(使用の本拠の位置)によっては、車庫証明が必要になります。

以前は軽自動車取得には車庫証明は不要でした。

しかし、近年の軽自動車の規格が大きくなったことや、都市部の交通事情の変化により、 人口10万人以上の都市などの特定の地域では、 ナンバー取得(名義変更)から15日以内に『自動車保管場所届出書』という書類を、 該当区域の警察署に届け出る必要があります。

この届出は必要な地域と不要な地域がありますので、購入前に確認しておきましょう。

軽自動車と普通車を購入するときの必要書類の違い

中古で普通自動車を購入する場合は、 軽自動車購入に必要な住民票の代わりに以下の書類が必要になります。

こちらも事前に販売店によく確認をするようにしましょう。

・実印

・印鑑証明書

車庫証明

・委任状車庫証明取得とナンバー取得(名義変更)をご自身でやらない場合

車を購入する場合、新車、中古車に限らず自動車取得に関しては、 法的な認可や申請が必要となります。

この義務や規制も交通事情によって法律が常に改正されており、 購入時点の最新の法的規制義務を確認する必要があります。

軽自動車は車庫証明が要らなかったという認識だったのに、 今回は必要になったので納車が遅れるなどの予想外な事態を引き起こさないためにも、 中古の軽自動車を購入する際は、販売店や所轄の警察に確認することをおすすめします。