読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【車ナビゲーション】~車を買う!車を売る!車のトラブル解決!~

自動車に関して「知ってて得する」情報満載の 【車ナビゲーション】! 車を買う&売る&トラブル&車に関する悩みがコレで解決!!

【車ナビゲーション:車の売り方:愛車を高く売る!】車を売るのはローンが残っていても可能

車の売り方編

ローンが残っているけれど車がいらなくなったので車を売りたい。

または新しい車に買い換えたいという時に、 残っているローンを完済しないと無理だと思っていませんか。

いくつかの手続きが必要になりますが、 ローンが残っている車を売ることはほとんどの場合可能です。

ではその方法をみていきましょう。

f:id:masaki1972surf:20170215143615j:plain

ローンが残っている車を売るにはどうしたらよいか?

まず車の所有者の確認をしましょう。

車検証の所有者の欄を見てください。

車の持ち主の氏名・住所が記載されています。

ここに自分の名前がある場合は、所有権が自分にあるので自由に車の売買ができます。

また、銀行系のローンの場合も銀行からお金を借りて車を買っているので、所有権が自分になっています。

ここに信販会社の名前がある場合は、所有権はローン会社にあります。

今持っている車を担保にローン会社からお金を借りている状態です。

車を売る前に「所有権解除」の手続きが必要になります。

次は所有権がローン会社にある場合の車の売り方の方法をです。

ローン会社に所有権がある場合の車の売り方

車の所有権をローン会社から自分に移したい場合、やり方は2つあります。

1つはローンの残りを現金で一括で返済するやり方です。

ローン会社は買った車を担保にローンを組んでいます。

ローンの返済が終われば担保を返してもらい、所有権を自分名義にできます。

ローンの残債額が大きい場合、車の買い取り業者と相談して売却した車の費用を返済額にあてることもできます。

これは買い取り業者がローンの一括返済の手続きをしてくれるためです。

例えば100万円のローンが残っていて、今の車が買い取り業者に120万円で売れる場合、 100万円でローンを完済し、手元に残りの20万円が残ります。

ローンの残債額より車の買い取り価格が下回る場合は、 差額の現金を買い取り業者に支払います。

例えば100万円のローンが残っていて、今の車が60万円で買い取り予定の場合、 40万円の現金を支払えばローンが完済されます。

差額分の現金が支払えない場合、その分のローンを新しく組めることもあります。

ローンが残っているけれども車を売りたいと思った場合、 中古車買い取り業者にローンの返済も含めて相談してみましょう。