読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【車ナビゲーション】~車を買う!車を売る!車のトラブル解決!~

自動車に関して「知ってて得する」情報満載の 【車ナビゲーション】! 車を買う&売る&トラブル&車に関する悩みがコレで解決!!

【車ナビゲーション:車の売り方:愛車を高く売る!】下取りの流れや必要書類

車の売り方編

車を買い替えたいとき、今まで乗っていた車を下取りに出すかと思いますが、下取りはどのような流れで行われるのでしょうか。

またその際に必要な書類はどういったものなのでしょうか。

あらかじめ知っておいて、スムーズに進めましょう。

f:id:masaki1972surf:20170208185925j:plain

中古車下取りの流れ

「下取り」は単なる買取と異なり、新規に購入する販売店に現在の愛車を売却することです。

従って、まず欲しい車を検討します。

欲しい車が決まったら、その車を扱っている販売店に、現在の愛車の見積もりをお願いします。

この際、複数の販売店で見積もり額を比較するとよいでしょう。

販売店を決めたら、次に必要書類を用意し、下取りと新しい車の購入契約をして完了です。

なお、下取りの場合、新しい車が納入されるまで、現在の車を手放すのを待ってくれる場合が多いです。

下取りに必要な書類

下取りに必要な書類を箇条書きしますと、以下の通りになります。

自動車検査証

いわゆる車検証のことで、普通はいつも車の中に置いておくものですので、特別新たに用意するものではありません。

もしも無くしてしまっていた場合、運輸支局ですぐに再発行してもらいましょう。

自賠責保険証明書

自動車を使用するにあたり加入が義務となっている強制保険の証明書です。

ほとんどの場合、車検証と一緒になっているので確認してみましょう。

自動車税納税証明書

毎年納める自動車税の証明書です。

これは車検時にも必要なものですので大切に保管しておきます。

下取りの際には、納税をきちんとしている証明として引き渡す必要があります。

委任状

車を手放すときには名義変更をする必要があります。

この手続きを販売店の人に任せたいとき(つまり手間を省きたいとき)に用意します。

販売店の人に言えば用意してくれます。

譲渡証明書

車を譲渡することを証明するものであり、委任状と同様、お店でもらえます。

住民票

自動車検査証に記載のある住所から引っ越している場合に必要です。

特に2回以上引っ越しをしている場合、住民票の除票も必要です。

その他、委任状と譲渡証明書に実印が必要になります。

また、その印鑑が実印かどうか証明するために印鑑証明書も必要です。

以上が必要な書類になります。

書類の数は多いですが、新たに用意するのは委任状と譲渡証明書くらいです。

下取りをご検討中の方はご参考ください。