読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【車ナビゲーション】~車を買う!車を売る!車のトラブル解決!~

自動車に関して「知ってて得する」情報満載の 【車ナビゲーション】! 車を買う&売る&トラブル&車に関する悩みがコレで解決!!

【車ナビゲーション:車の売り方:愛車を高く売る!】「下取り」と「買取」どちらが得??!!

車の売り方編

車の買い替え時、あるいは車が必要でなくなった時など、中古車として売ることが多いかと思います。

その際、「下取り」と「買取」の2通りを考えることになります。

いずれの場合でも車を売ることに変わりはありませんが、仕組みが大きく異なります。

中古車の「下取り」と「買取」、それぞれの違いをご紹介いたします。

f:id:masaki1972surf:20170205234936j:plain

中古車下取りのメリット・デメリット

下取りは、新車や中古車を新たに買う際に、その車を購入するお店に自分の中古車を引き取ってもらうことです。

メリットとしては、中古車を引き渡すタイミングを、購入する新車の納入に合わせてくれることや、一連の流れを全てディーラーにお任せできることが挙げられます。

デメリットとしては、単純な売却金額だけ見た場合に、後述の買取よりも安いといったことが挙げられます。

中古車買取のメリット・デメリット

買取は、新車や中古車の新規購入と関係なく、車を売却することです。

メリットとしては、金額が下取りに比べ高いということが一番に挙げられます。

特に、そのお店の得意な車種や、人気車種、人気な装備を持っている車は高く売れる傾向があります。

また、いくつかのお店を回って買取価格の比較を行うこともできます。

デメリットとしては、手間がかかるということが挙げられます。

下取りでは査定や売却の対応など、ディーラーがやってくれるところを自分でやらなければなりません。

また、買取の場合には車を手放すタイミングが限定されています。

下取りでは新車の納入まで待ってくれるところを、買取ではすぐに引き渡さなければならない点に注意が必要です。

いかがでしたでしょうか??!!

下取りと買取には価格や手間などに大きな違いがあります。

「売却金額が安くなっても手間がかかるのは嫌」なら下取り、「手間がかかってもできるだけ高く売りたい」なら買取、 あるいは、「売却後に新車を買う」のであれば下取り、 「もう車は乗らない」なら買取など、金額やその後のプランを考えて選択すればよいでしょう。