読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【車ナビゲーション】~車を買う!車を売る!車のトラブル解決!~

自動車に関して「知ってて得する」情報満載の 【車ナビゲーション】! 車を買う&売る&トラブル&車に関する悩みがコレで解決!!

【車ナビゲーション:車の買い方 69】中古車の名義変更と任意保険について

中古車を購入した際に速やかに行うべきことは、名義変更と任意保険に加入することです。

万が一の時に備え、必ずやるべき重要な事項です。 名義変更と任意保険の加入が必要な理由と、そのタイミングはいつになるのかを見てきましょう。

f:id:masaki1972surf:20170215143615j:plain

中古車の名義変更とは?

中古車の場合は購入後に名義を変更しないと、前の所有者のままになっています。

車は1台1台、それぞれの所有者・使用者を明確にする必要があります。

中古車を購入した際に、所有者・使用者の登録を変更することを名義変更と言います。

最寄りの陸運局軽自動車検査協会事務所(軽自動車の場合)などで、 簡単に手続きを行うことができます。

名義変更が必要な理由は?

中古車を購入してからも名義をそのまま前の所有者のままにしておくと、 自動車税の通知や駐車違反などがあった場合に、 前の所有者のところに通知が行くようになってしまいます。

また、新しい所有者が任意保険に加入する場合も、 加入そのものが難しい場合もあります。 中古車の名義変更を怠ると、思わぬトラブルへ発展することもあります。

「借り物の車を運転している状態」になっていると認識すべきです。

任意保険とは?

任意保険とは車に乗っていて事故を起こした場合、 強制加入が義務付けされている自賠責保険では賄うことができない部分の、 補償を行ってくれるものです。

自賠責保険とは違い加入が強制されるものではありませんが、 事故の加害者となり、被害者に重い後遺症が残ってしまったり、

店舗を破損してしまい休業補償などで多額の賠償金の支払いを求められた時にも、 自分では負担できない被害者への賠償を行うことができます。

任意保険の無保険期間が推奨されない理由は?

無保険期間中に事故を起こしてしまった場合、被害者からの賠償はすべて加害者である運転手に降りかかってきます。

近年は人身事故の賠償額も増大する傾向にあり、自分自身だけではなく家族や親族にまで大きな迷惑をかけてしまうことにもなりかねません。

人身事故や、線路をふさいでしまいダイヤに大きな乱れが出たという際には、場合によっては、数千万円~1億円以上もの賠償金を求められるケースもあります。

何よりも、万が一の際に賠償金を準備することができず、被害者への十分な補償ができなくなってしまう恐れもあります。

任意保険に入っておくべきタイミングとは?

任意保険の加入のタイミングは、車が手元に届く日にちがわかっているのならば、車が届く日から保険が有効になるよう、事前に新規加入や切り替えの手続きを行うことで、 保険の欠損期間をなくすことが重要です。

中古車を購入するなどで名義変更を行わなければいけない場合でも、その車の車検証のコピーを保険代理店などに通知し、いつから乗る予定なのかということを知らせておけば、その日にちに合うように手続きをすることが可能です。

くれぐれも無保険で車を運転する期間がないようにすることが肝要です。