読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【車ナビゲーション】~車を買う!車を売る!車のトラブル解決!~

自動車に関して「知ってて得する」情報満載の 【車ナビゲーション】! 車を買う&売る&トラブル&車に関する悩みがコレで解決!!

【車ナビゲーション:車検の豆知識】車検を代行する時に必要な書類と手数料

車の車検には業者に車検をしてもらう「代行車検」と、自分で車検場へ行く「ユーザー車検」があります。

腕に自信があるか、メカニックのプロ出ない限り、ほとんどの人が「代行車検」を選択しています。

車検の時期に困らないよう、代行車検をする時に必要な書類やその手数料についてお話しましょう。

f:id:masaki1972surf:20170215143615j:plain

車検を代行する時に必要な書類

車検を代行する時に必要な書類車検を業者に代行する場合は以下の書類が必要です。

1. 車検証 正式名称は「自動車検査証」。

車の重量、車台番号、所有者、使用車の氏名が記載されており、車の身分証明書とも言われています。

必ず車の中においておかなければならず、不携帯で走行すると道交法違反で罰金刑が科せられることもあります。

2.自動車損害賠償責任保険証書

自賠責保険に加入するともらえる証明書です。

自賠責保険は法律での加入が義務付けられており、自賠責保険に加入している事の証明である自動車損害賠償責任保険証書も車検証同様に車の中においておかなければ、道交法により罰せられることもあります。

3.自動車納税証明書

自動車税を納税したという証明書で、過去に未納分があると車検は受けられません。こちらは車においておく義務はありませんが、車検で必要になる書類なので1.2.と一緒にまとめておく人も多いようです。

尚、万が一書類を紛失しても再発行が可能なので車検までに再発行手続きをしておきましょう。

車検代行に必要な手数料

車検の手数料は主に二つの種類に分ける事が出来ます。

1.法定費用

法定費用は「自賠責保険料」+「自動車重量税」+「印紙代」を合わせた費用の事で、どの車検場でも誰に依頼しても法律で定められた定額を支払う事になります。

2.車検基本料

車検基本料は「24か月点検整備代」「検査代」+「代行手数料」などを含む料金でいわゆる代行した場合に法定費用以外にかかる費用を指します。

依頼する業者により設定金額が変わってきます。

各社車検基本料に差が生じるのは「どの程度点検・整備してくれるか」次第です。

例えばディーラー車検が高い理由は、純正品のパーツを使う点と、まだ使えるパーツでも不備がでそうなところは交換してしまうという点にあります。

それ以外の業者はよほどでなければ交換などはしないので、車検に特化した低価格での点検整備を行ってもらう事が可能です。

業者によってはアフターサービスが充実していたり、保証期間があったりなどお得な情報も多々あるので、依頼する場合は何社か見積もりを取って見比べてから選ぶようにしてください。