読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【車ナビゲーション】~車を買う!車を売る!車のトラブル解決!~

自動車に関して「知ってて得する」情報満載の 【車ナビゲーション】! 車を買う&売る&トラブル&車に関する悩みがコレで解決!!

【車ナビゲーション:車の買い方編⑮】中古車購入時に任意保険に入るタイミング

中古車購入時、任意保険に入るタイミングはいつが最も良いのでしょうか??!!

任意保険の基礎知識から、任意保険の種類、入るタイミングと手続きの方法について詳しくご紹介していきます。

f:id:masaki1972surf:20170201164404j:plain

任意保険とは?

車で交通事故を起こしてしまったとき、万が一相手に後遺症が残ったり、死亡させてしまった場合などは、億単位の高額な賠償金が課せられてしまうこともあります。

現実的には「そのような大金を払うことは不可能だ。」と考える方が多いことでしょう。

自賠責保険でも、補償金が出ますが、これでは大事故になってしまったときなどにほとんど役に立たない、というのが実情です。(限度額が決まっているので・・・・・・)

任意保険は、自賠責保険でカバーしきれない程の損害賠償責任を負ってしまったときのための、上乗せ補償として、非常に重要な役割を果たすものなのです。

任意保険に加入するタイミング

任意保険に加入するタイミングとしては、車の購入手続きを行ってから、納車されるよりも前までに済ませておくのがベストです。

納車日の通知が来たら、その日を任意保険の開始日にすることも可能ですので、購入手続きが済んだら、スムーズに保険の開始ができるよう必要な書類を揃えるなどして、準備を進めておきましょう。

ただし、遠方から中古車を取り寄せる場合などは、納車までに時間がかかることがあります。

任意保険の開始日をあまり早くに設定すると、車に乗ってもいないのに保険料だけを支払うことになってしまう可能性がありますので、注意が必要です。

販売店経由?ダイレクト保険?

保険会社の代理店業を行っている中古車販売店は多いので、中古車販売店で車の購入を決めたときに、そのまま任意保険への加入手続きも行ってもらう、という方も少なくありません。

このような場合は、任意保険への加入手続きに手間取ることがないため非常に便利ですね!!

これに対して、インターネット経由などで自分で選択して加入することができる種類の任意保険を、ダイレクト保険といいます。

この場合は自分で手続きを行う必要がありますが、代理店に仲介料や人件費を支払う必要がないため、ある程度まで自分で手続きを進めなければならない代わりに、代理店を使用した場合と比べて、保険料が比較的安くなるというメリットがあります。

※安くなるといっても、数千円程度。

月割りで換算すると数百円です。

インターーネット経由だと、安い保険料も選べますが、いざ、事故を起こして使用するとなると、全然使えない保険だったり!!という事も多々ありますので、注意が必要ですね!! 

(保険会社の代理店を取り扱っている自動車販売店への相談が一番いいかもです。)

オークションや個人間売買の場合は、元々任意保険に入っていない限り、最寄りの代理店に相談するか、ダイレクト保険を選んで加入する必要があります。

現在では、数多くの中古車販売店が保険会社の代理店業も行っていますので、まずは中古車販売店の情報を確認してみましょう。

保険会社の代理店業を行っている中古車販売店であれば、購入時にそのまま加入出来るよう、相談することも可能です。

任意保険加入の手続き

ダイレクト保険に加入することを考えている方は、インターネットで自動車保険の無料見積りを利用してみましょう。

このときに、免許証と車検証を予め準備しておくと、入力をスムーズに行うことができます。

見積りの結果は一週間以内には届くはずですので、保険料や補償内容、ロードサービスなどの情報を見比べ、希望に近い保険会社を選定し、申込みを行いましょう。

任意保険の開始日については、申込日を含めた4日~7日以内は指定出来ないことがほとんどですので、納車日がそれ以降になるように申込みを行うのが理想的です。

代理店を請け負っている中古車販売店で、そのまま任意保険に加入する場合には、これらの手間は必要ありませんが、 任意保険の開始日と納車日については、担当者ときちんと連絡を取り合い、調整してもらうことをおすすめします。